組合概要

中部土質試験協同組合は,中小企業近代化促進法に基づく,構造改善事業の一環として,1979年(昭和54年)に中部地質調査業協会会員25社の共同土質試験場として設立されました.試験業務を開始して以来,常に設備機器の拡充と技術の研鑽に努め,一般的な地盤材料試験に加えて,大型材料試験部門,動的試験部門を増設するなど,常に品質の高い試験成果を提供して参りました.現在では,中部圏随一の地盤材料試験所として高い評価と信頼を頂いております.
近年では,組合員はもとより,地盤工学会をはじめとします産官学との連携も積極的に推進しており,職員の技術の研鑽にも力を入れております.皆様の地盤材料試験室としてご活用下さい.

名称 中部土質試験協同組合
商標登録 ジオ・ラボ中部 (特許庁 商標登録済 第42類 地質の調査)
設立 1979年(昭和54年)12月3日
所在地 〒463-0009 名古屋市守山区緑ヶ丘804番地
代表理事 坪田 邦治 (中部土質試験協同組合) :平成24年5月就任
組合員 18社 (愛知県15社,三重県2社,静岡県1社)
準組合員 15社 (愛知県11社,三重県1社,岐阜県1社,静岡県2社)
出資金 振込済出資金/2,700万円
事業内容 1:室内土質試験,岩石試験,材料試験等の共同試験
2:資材(コアー箱等)の共同購買
3:組合員の事業に関する経営及び技術の改善向上,
   組合事業に関する知識の普及を図るための教育及び情報提供
4:組合員の福利厚生に関する事業
5:前各号の事業に付帯する事業
機械設置 土質試験機器・岩石試験機器・材料試験機器 (内部別記)
このページのTOPへ